第14回ASSET(Advanced Surgical Skills for Exposure in Trauma)コースを開催しました

0
ASSETは米国外科学会による外傷トレーニングコースであり、外傷において致命的となる四肢・体幹部の血管損傷に対する処置について、ご遺体を用いて学びます。これは近年の国際情勢を踏まえ、厚生労働省による外傷外科医等養成研修事業の一環として開催しています。 今回も全国から多数の受講者や外傷手術の経験が豊富な指導者が集まり、献体された方々ならびにご遺族の皆様のご厚意に深く感謝しつつ、充実した研修をおこなうこと...

JPTECプロバイダーコースに参加しました

0
専攻医の斉藤です。JPTECプロバイダーコースに参加しました。JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)とは、救急隊員をはじめとする病院前救護に携わる医療従事者に対する病院前外傷教育プログラムで、「防ぎえた外傷死(Preventable Trauma Death:PTD)」をなくすことを目的としています。私たち救急医は、院内で医療行為をするだけでなく、ドクターカーやドクターヘリで病院前救護に携わる機会も多いです。短時間で...

むらさきシミュレーション

0
 医師8年目 馬場です。 当院では産科領域における重症患者が来院する際は「むらさき」codeを発令して、産婦人科・当科を始め輸血部などとも協力して準備・対応を行います。千葉市内を始め多くのクリニックから転送されるため、様々な病態に対して早く適切な対応が求められます。 各部門とのコミュニケーションを強化し、より良く早い治療の実現のために、症例検討meetingに加え、シミュレーションも行っています。 今回は弛緩...

外傷シミュレーション

0
医師8年目 馬場です。当院では年4回、外傷ERのシミュレーションを行っています。今年度も既に3回を終え、残すところ後1回となりました!第1回 外傷性血気胸(Bの異常)第2回 顔面骨骨折(Aの異常)、心タンポナーデ(Cの異常)第3回 骨盤骨折(Cの異常)、意識レベル低下(Aの異常)第4回 まだ秘密 専攻医を中心に、来院前の準備から来院後刻々と変化していく病態の対応を学んでもらいつつ、看護師や放射線部・輸血部とも協...

第29回救急隊員・医師合同研修会

0
 先日、当院にて第29回救急隊員・医師合同研修会を開催しました。 今回は搬送中の処置や搬送先の選定・決定に要する搬送時間の改善を目指して、救急隊員に6例の症例を発表していただき、それぞれ医師側からの助言・提言を行いました。また、今年は当院における救急医療体制への取り組みに関して、救急医療の改善に向けて搬送だけでなく、入院後に適切な病院への転院調整などを行うことで、救急車を受け入れられる体制を整える仕...