2023千葉シティトライアスロン大会

0
千葉大学救急科・集中治療部専攻医加納です。私は、9月24日開催の2023千葉シティトライアスロン大会にて救護スタッフとして活動しました。救護スタッフ一同、スイムエリア、バイクエリア、ランエリアの各所に、それぞれで発生しうる傷病を想定して準備をした救護所を設置し、大会開催に臨むことができました。運営にあたり万全の救護体制を整えることは、選手の安全、大会の開催継続に非常に重要であるという事を実感しました。私...

厚生労働省への出向を終えて

0
助教の富田です。2020年4月から2021年12月末までの約2年間、厚生労働省医政局地域医療計画課にて、救急医療行政に携わる機会をいただきました。救急医療対策専門官という、救急医療の現場と行政機関をつなぐ医系技官という立場として、救命救急センターやドクターヘリの整備に対する支援など、救急医療提供体制の向上に取り組むとともに、折りしも国内で新型コロナウイルス感染症の感染拡大が認められた時期とも重なったため、新...

救急専門医試験結果報告

0
少し遅れての報告になりますが、9月に行われた救急専門医試験に当院および関連施設の勤務中のスタッフ6名が合格し、来年度より晴れて救急科専門医となります。おめでとうございます。みな現在は、臨床、研究、サブスペシャリティ研修などを通してさらに成長していっています。今後も千葉大学では専攻医プログラムはもちろん、専門医取得後にも成長できる環境をさらに整えていきたいと思います。...

オリンピック救護に携わってきました

0
東京オリンピック・パラリンピック大会が閉幕して1ヶ月半が経過しました。大会期間中、安部准教授と大島講師が幕張会場の副会場医療責任者として、事前の災害対応計画から現場救護までに携わりました。また、千葉大学病院では幕張会場の競技(テコンドー・フェンシング・レスリング、シッティングバレー・車椅子フェンシング・ゴールボール・パラテコンドー)中の事故や急病に対応してきました。大会期間中は新型コロナの第5波と...

中田孝明教授に対するインタビュー記事がPharma DIGITALに掲載されました

0
当科の中田孝明教授に対する旭化成ファーマのインタビュー記事が公開されました.記事の中では,当科の特徴である「シームレスな救急・集中治療」「国内有数のECMOセンター」「臨床医の研究推進」「働き方改革と新しい医局の形」などについて詳しく書かれています.特に,医局員の半数を女性が占めていたり,出入り自由な医局であったりするなど,私達ならではの医局のスタイルについて当科の雰囲気や姿勢を含めてわかりやすく説明...