留学先紹介

0
当医局の大網毅彦先生から,留学先を紹介します.大網です。私は,2018年から米国のアトランタにあるエモリー大学外科部門の研究室に留学する機会を頂きました。敗血症研究で有名なCraig Coopersmith先生から指導を受けて研究を洗練させることができ,充実した毎日を送りました。また,研究室に在籍している他の留学生や外科レジデントと議論を重ねることで,新たな発想に出会うこともありました。研究留学のデメリットとして一旦...

RRS解析 American Journal of Emergency Medicineにてpublishされました

0
大学院4年生、医師10年目の栗田です。この度私が執筆しました論文“Impact of increased calls to rapid response systems on unplanned ICU admissions: Japanese database study”がAmerican Journal of Emergency Medicineにてpublishされました。この論文は、日本院内救急検討委員会が主導する多施設オンラインレジストリのデータを用いた解析です。本研究により、”規模の大きい病院ほど急変患者の重症度が高く、Rapid Response ...

国内の新型コロナウイルス重症患者の時間的推移のビジュアル化

0
日本国内の新型コロナウイルス重症患者の状況を、日本COVID-19対策 ECMOnet データベース (CRISIS)のデータをビジュアル化しております。現時点での全国的な収束がわかりやすく見れます。オススメです。https://covid19-jp.netデータ入力している関係者の皆様第一波が収束してきておりますが、これまでの整理と次の準備のためにも、データベースへの入力も引き続き頑張っていきましょう。中田孝明、安部隆三...

日本外科学会雑誌特集にてREBOAを担当しました

0
当教室の中田孝明先生と島田薫先生が、日本外科学会雑誌の特集「手術のtips and pitfalls」において、「REBOA(rescuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta)」を担当しました。ご興味ある方はぜひ原文をご確認ください。日外会誌. 121(3): 340-344, 2020...

専攻医プログラムご紹介

0
専攻医プログラムを紹介するパンフレットが完成しました!学生のみなさん、救急科を志すみなさん、是非ご覧いただき説明会の参加もご検討いただければと思います。...

フェイスガード開発

0
 千葉大学フロンティア医工学センターと当教室で協力して、3Dプリンターとハサミで作製できる新型コロナウイルス感染症対策用の「フェイスシールド」を開発しました。 このフェイスシールドの設計図はフロンティア医工学センターのHPで公開しています。新型コロナウイルス感染症の治療にあたっている多くの医療関係者にご利用いただければ幸いです。設計図URL:https://www.cfme.chiba-u.jp/news_topics/news/202005faceshield...

'20 オンライン医局説明会&セミナー開催

0
2020年度の千葉大学救急科・集中治療部の医局説明会をオンラインで開催します!ZOOMでの開催を予定しております。セットアップも簡単なため、お気軽に参加してください。事前登録フォームも用意しましたので、参加を検討される方は是非ご登録をお願いします。https://forms.gle/QUhTJKWiiFfSVUh98また、説明会前には救急セミナーも開催する予定です。今回のテーマは「院内急変」です!学生・研修医みなが明日から使える院内急変の...

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)気管挿管・CPRマニュアル

0
当院は, 新型コロナウイルスに感染した患者(COVID-19患者)を積極的に受け入れています. 救急科・集中治療部では, 人工呼吸やECMO(extracorporeal membrane oxygenation)療法を要する最重症患者の治療を担っています. 多数のCOVID -19患者を診療するにあたり, 院内感染を阻止することも私達の責務です. 重症化した患者は気管挿管や心肺蘇生処置(cardiopulmonary resuscitation; CPR)を要することがありますが, 処置によりエアロ...