災害治療学研究所をご紹介します!

0
2020年10月に千葉大学に新たに開設された災害治療学研究所は,「災害レジリエントな社会」の構築を目指し,学問分野の垣根を越えて多彩な研究者が連携し,研究を推進する機関です.当科の安部隆三先生が,千葉大学災害治療学研究所 (千葉大学大学院 医学研究院 次世代災害治療学)教授として立ち上げに貢献しています. 医学,薬学,看護学のみならず,理学,工学,園芸学,社会科学や,真菌医学研究センター,治療学人工知能研究セ...

シンポジウム:救急における意思決定支援_第72回日本救急医学会関東地方会学術集会より

0
救急医療の一刻を争う場面において意思決定が必要な際に,救急患者さんやそのご家族が「突然のことで決められない」「動揺して状況を理解することが難しい」と困っている場面を医療従事者は多く経験していると思います.そのような時に、どのように意思決定を支援すればよいか,対応に戸惑ったことはありませんか?『シンポジウム(看護師部門):救急における意思決定支援』では、看護師に加え、救急隊員、救急担当のソーシャルワ...

医療系学生や初期研修医の皆さんとセミナー企画!

0
私たちは,救急医療の魅力を伝えるために, 定期的に医療系学生や初期研修医の皆さんと勉強会を行なっています. 昨年からは, 日本救急医学会の「学生・研修医部会」として活動されているSMAQの皆さんとコラボレーションし, 日本全国の皆さんとも勉強会をしています. 最近では, オンラインでCOVID-19診療をシミュレーションしながら, 酸素療法や人工呼吸管理について勉強会を行いました. 医学部, 看護学部, 薬学部の学生そして初期研...

消防ヘリでの搬送訓練

0
当院では千葉消防と連携し、消防ヘリを用いた重症患者さんの病院前診療や病院間搬送を行なっております。先日も若手専攻医を中心に訓練を行い、多くの経験を積むことができました。今後も消防との連携を深めて、患者さんの救命に貢献していきたいと思います。...

シンポジウム紹介(外傷編)&(ER診療編)_第72回日本救急医学会関東地方会

0
JAAM-KANTO2022特別シンポジウム(医師部門):あの時の判断は正しかったのか?誰か教えてください!(外傷編)&(ER診療編)皆さんは普段の診療で「あの時の判断は正しかったのか?」と心のモヤモヤを抱えることはありませんか?「本当は誰かに教えてもらいたいけれど、誰にも聞けずに時が流れてしまった」という経験が一度はあるかもしれません。このシンポジウムでは,日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター 益子一樹先...