DPCを用いた敗血症疫学の論文がAcute Medicine & Surgeryに掲載されました!

0
助教の今枝です。今回、私が執筆した論文 “Epidemiology of sepsis in a Japanese administrative database”(Review)が、Acute Medicine & Surgeryに掲載されましたので紹介します。https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37841963/敗血症は死亡率が高く世界保健機関により「世界が取り組むべき課題」に設定されています。敗血症患者の特徴には地域差があるため集団ベースの研究により日本の疫学を把握することが敗血症の治療戦略を考...