放射線医学研究所をご紹介します

chibaueccm

20220506量子研_1

特任助教の栗田です。私は救急・集中治療の専門医として臨床・研究に注力しながら、DMAT隊員としても院内の災害対策や職員・学生を対象とした災害教育などに携わってきました。2021年度から量子科学技術研究開発機構 放射線医学研究所にも所属し、被ばく医療(放射線の被ばくを受け放射性物質で汚染した傷病者に対する医療)の普及のために、自治体や消防などを対象に講演を行い、訓練の企画や指導にも参画しています。また、医療関係者を対象に研修を開催し、他大学の先生と連携しながら全国規模での研修のブラッシュアップに向けた研修体系・内容の整備にも取り組んでいます。

2021年10月、千葉大学に災害治療学研究所が設立されました。私の活動は、災害治療学研究所とも連携し、発展を目指しています。救急・集中治療医の立場から、本邦の災害医療の担い手であるDMATと被ばく医療の関わりをより密なものとし、教育プログラムの普及、学術的な視点も持ちながら被ばく医療と災害医療の充実に尽力していきたいと思います。

千葉大学 救急集中治療医学には、災害医療においても臨床・研究・教育いずれもが充実した環境が整っています。災害医療に興味がある方など、HP/FBからぜひお気軽にお声かけください。
スポンサーサイト



Posted bychibaueccm

Comments 0

There are no comments yet.