災害時の病院避難について講演してきました

chibaueccm

助教の富田です。

先日、香取海匝医療圏の基幹災害拠点病院である旭中央病院で災害対応訓練が行われ、基調講演の演者としてお声かけいただいたので行ってきました。

今回の訓練は、台風災害にともなう停電などの影響で、近隣の医療機関が病院避難を要する状況になったという想定のもと、旭中央病院にDMAT活動拠点本部が設置され、県のDMAT調整本部、保健所、支援DMAT、院内の災害対策本部などと連携しながら病院避難を進めていくという内容でした。私も令和元年房総半島台風にて病院避難を経験したので、その時の経験を共有させていただきました。
講演のもう1人の演者は、東京大学医学部附属病院 災害医療マネジメント部の湯澤紘子先生でした。湯澤先生は、災害医療のスペシャリストであり、僕とは、とある医療機関の救急部門立ち上げの際の同志(そして同学年)です。(講演後に2人でパシャリ。)
災害医療に携わる仲間として、これからも連携をとりながら切磋琢磨していきたいと思います。

最後になりましたが、講演にお声かけいただきました、旭中央病院救急救命科の高橋功先生、伊藤史生先生、どうもありがとうございました。

20230116災害時の病院避難
スポンサーサイト



Posted bychibaueccm

Comments 0

There are no comments yet.