第48回日本集中治療医学会総会

chibaueccm

第48回日本集中治療医学会総会

2021年2月12日から14日まで第48回日本集中治療医学会総会が開催されました.
今回は完全web開催という初めての形式でしたが,千葉大学救急集中治療医学からは筆頭演者として16の演題発表を行いました.

内訳は教育セミナーが2,国際シンポジウムが1,一般シンポジウムが5,ワークショップが2,委員会企画セッションが1,Pros&Consセッションが1,Englishセッションが1,優秀演題選考が1,一般演題が2でした.
特に,シンポジウムでは大学院生の栗田健郎先生による当院のRRSに関する発表や,同じく大学院生の東晶子先生による当院のECPRに関する発表など,若い先生が集中治療医学会の総会でシンポジストとして活躍しました.
また,Englishセッションではアメリカに留学して昨年帰国した大網毅彦先生による発表や,優秀演題選考セッションでは島居傑先生が発表するなど,大規模学会総会ならではという発表もありました.
教育セミナー,国際シンポジウムやワークショップなど,様々な領域で中心的な役割を担っている先生による発表も多数あり,非常に充実した学会となりました.

今後も様々な学会で臨床,研究についてどんどん発信していく予定です.
スポンサーサイト



Posted bychibaueccm

Comments 0

There are no comments yet.